地図一覧HOME
 KDDI山口衛星通信所 山口県山口市仁保中郷




KDDIが世界に誇る、日本最大級の衛星通信所。
全地球につながる壮大なネットワークを感じることができました。
見学自由のKDDIパラボラ館が併設されているところも素晴らしい。

山口市は、インド洋・太平洋上空の衛星を同時に見通せ、地上のマイクロ波との干渉が少なく、
地震や風などの自然災害も少ない絶好の立地条件を備えているそうです。







インド洋上空のインテルサット衛星(世界的商用通信衛星システム)などを介して、
アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカなど約50ヶ国・地域との間に約1、000回線を持ち、
電話、FAX、インターネット、テレビジョン伝送などの国際通信サービスを取り扱う。
また、インド洋と太平洋上のインマルサット衛星(海上通信インフラ国際機関)を介して、
其々の海域の船舶、航空機、可搬送型端末の移動他通信サービスを行う日本で唯一の施設。
(KDDI発行パンフレットより)













常に衛星に向けて動き続きけるパラボラアンテナ。
稼動するモーター音が聞こえてきました。













多くの巨大アンテナが並び建つ様子は、壮観の一言。














山口県名物のオレンジ色ガードレールとアンテナ。







通信所をぐるっと回れる道がありました。













      
NAO(国立展望台)の名が入った電波望遠鏡。
KDDI社からNAOに寄贈され、宇宙観測をしているそうです。













       
最寄りのバス停は、KDDI前。






       
基準点 地球局設備






       
[左] 山口のマンホールは、アンテナがデザイン。
[右] 周辺には、旧KDD社マンホール。







        
分かりやすく、読み応えのあるパンフレット。
この施設に対するKDDI社の熱意がひしひしと伝わってきます。
参考:KDDIビル一覧KDDIビル地図




撮影:H22.09 / 更新:H22.10.03

Copyright (C) 電話局の写真館 All Rights Reserved.