一覧> 地図> HOME

 NTT西日本壬生別館 [NTT-W (交)] 京都市中京区西ノ京職司町




壬生で、「みぶ」と読みます。京都・二条城のお堀裏にある電話局。
江戸時代に「東町奉行所」があった所として碑もありました。













      
魅力のある事務棟。





        






      
道を挟んで、二条城があります。




       











此付近東町奉行所
この現NTT壬生別館付近、東は神泉苑の西側より美福通にいたる一帯は、江戸時代に、東町奉行所があった所である。
この奉行所は、奉行のもとに与力、同心と呼ばれる職員をもち、京都の市政一般、すなわち行政、司法、警察全般を担当し、さらに畿内幕府領の租税徴収や寺社領の訴訟処理にも当った幕府の役所で、西町奉行所(現中京中学校付近)と隔月交代で任についた。しかし両奉行所それぞれ与力二十騎、同心五十人で職員の数は少なく、各町の自治組織を利用して市政に当った。京都町奉行が初めておかれたのは、慶長5年(1600)、寛文8年(1668)からは常置の職となって幕末にいたった。京都市





       












二条城の堀越しに見えた壬生局。





       




撮影:H18.01 H22.08 / 更新H18.01.29 H22.08.03

Copyright (C) 電話局の写真館 All Rights Reserved.