地図一覧HOME
 NTT東日本宮古ビル [NTT-E (交)] 岩手県宮古市築地



東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県宮古市の電話局。







津波により大きな被害を受けた局周辺ですが(参考:宮古市ホームページ
現在は復旧が大きく進んでいるように見られました。







宮古市役所前から見えた宮古ビル。







復興整備された局前。







ITプラザ宮古(NTT営業窓口)が、力強く営業していました。















宮古市指定文化財 「鞭牛碑群」と、「道供養碑」
この石碑は、牧庵鞭牛和尚が建立したもので、道供養碑といわれています。(略) 当時の道路はせまく、危険な所が多く、旅人や物資の輸送をする住民達は難儀をしていました。これを見た鞭牛和尚は、この苦しみを救おうと決意し、寺を弟子にゆずって道路の改修に生涯を捧げることとなります。鞭牛が改修した道路は、宮古街道をはじめ広い範囲に及び、12年間に108ヵ所、これに動員された人足は69,384人と記録されています。(略) 昭和54年1月  宮古電報電話局建立 (NTT宮古ビル裏手)







東日本大震災によりお亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げます。
また、宮古市の一日も早い復興をお祈り申し上げます。





撮影:H24.08 / 更新H24.09.13

Copyright (C) 電話局の写真館 All Rights Reserved.