局一覧HOME
 NTT西日本大牟田ビル [NTT-W (交)] 大牟田市不知火町



九州電話自動交換発祥之地、大牟田の電話局。























局舎の一部は、地元IT企業「有明ねっとこむ」に活用されていました。











九州電話自動交換発祥之地碑
九州最初の自動式電話交換は、当地大牟田郵便局(現大牟田電報電話局の前進)において、昭和8年3月26日開始しました。じ来、45年を経て昭和53年11月15日に福岡県下の自動化を完了し、また翌54年2月に大分県・鹿児島県、翌3月に沖縄県の自動化を完了し、これにより九州および全国の電話交換はすべて自動化に切り替えられました。ここにこれを記念して、第30回電信電話記念日にあたり、この碑を建立しました。
昭和54年10月23日 福岡電気通信部長 福山裕之





     
大牟田駅越しに見えた鉄塔。




     





      
福岡104センタ。





       
局前の鹿児島本線・大牟田駅。
大牟田は三井三池炭鉱で有名な炭鉱城下町。




撮影:H23.04 / 更新:H23.06.07

Copyright (C) 電話局の写真館 All Rights Reserved.