一覧> 地図> HOME
 NTT西日本夙川別館 [NTT-W (交)] 兵庫県西宮市神原



一見すると地味ですが、見所の多い無人局です。









     




      
電電建築賞 電電建築協会 受賞記念










あずき凝灰岩
 今から約70万年くらい前、近畿地方にはかなり広い範囲にわたって、火山灰が降りました。この火山灰が当時の海や湖に堆積して、近畿一円に凝灰岩層となって点々と残りました。当時の水底は、その後の地殻変動で、今日では陸地の丘陵となったり、逆にもっと地下深く埋もれたりしています。この凝灰岩の地層は、火山灰の特徴のほかに、あずき色をしているので「あずき凝
灰岩」と命名されています。
 「あずき凝灰岩」は他の地層と区別がしやすく、地層の年代を決める有力な手がかりとなります。このような地層は「鍵層」といって、地質学上たいへん貴重なものです。
この「あずき凝灰岩」の露頭は、以前には西宮で何か所かかで見られたのですが、最近は開発のため削り取られたりして、急速に消滅してます。
今回、電電公社の厚意で、特にその一部を保存しました。
(西宮市教育委員会)


撮影:H18.04 / 更新H18.04.16

Copyright (C) 電話局の写真館 All Rights Reserved.