逓信省局HOME
 旧豊川電話中継所 愛知県豊川市西豊町2-35



旧豊川電話中継所本屋
現・株式会社トヨテック本社社屋
登録有形文化財





昭和02年(1927) : 初の装荷長距離ケーブル網(東京〜神戸)の中継所として開所。
昭和27年(1952) : 廃所。
昭和38年(1963) : 豊川商工会議所が日本電信電話公社から購入。同年、豊川市へ寄付。
昭和60年(1985) : 株式会社トヨテックが豊川市から購入、現在に至る。





約4km西には、旧豊川電話装荷線輪用櫓も残されています。










直線を多用した逓信省建築らしい力強いデザイン。



























旧豊川電話中継所倉庫
(登録有形文化財)





本社社屋の北東に建つ倉庫。
丸みを帯びた姿が、なんとも可愛らしいです。






「剛」の本屋と、「柔」の倉庫。 
この対比が、旧豊川中継所の魅力です。











看板には、株式会社トヨテックが中心の関連企業集団
「トーヨーサークル」の名が掲げられていました。
貴重な電電遺産を維持されている同社に感謝するとともに、
今後とも大切に保存し後世に残して頂きたいと願います。


撮影:2010.10 / 更新:2010.10.26

Copyright (C) 電話局の写真館 All Rights Reserved.